40歳以上の女性がピルを服用すると血栓症になるリスクが高くなる

40代になってから経口避妊薬の服用を希望する人もいますが、40歳以上の人が服用すると血栓症になるリスクを高めてしまうので注意が必要です。婦人科のなかには、40代を過ぎている人にはいかなる理由があっても処方を行っていないという場所もあることを知っておきましょう。月経困難症や避妊を目的として服用したいと考えている人もいるかもしれませんが、年齢によっては危険性が高く処方してもらえないこともあるので、その詳しい理由を知っておくことが大切です。

ピルにはエストロゲンが含まれていますが、これの作用によって血管内で血液が固まる血栓ができることがあります。エストロゲンの作用で血栓ができてしまうことは稀ですが、もともと先天的な病気の影響などで血栓症の傾向がある人、ピルを使い始めたばかりの人は初期症状で血栓を引き起こしやすいと言えるのです。それ以外にも肥満と診断されている人や喫煙している人、40歳以降の人は血栓症になるリスクが高まってしまうので、ピルの服用は推奨されていません。ピルは卵子の発育促進や卵巣がんの予防につながることからも身体に対して良い影響を与えていると思ってしまう人もいるかもしれませんが、卵子の発育や卵巣がん予防になるとしても、服用し始めた年齢が遅ければ血栓症など他の病気のリスクを高めてしまうのです。

ただし、40歳以上の人であっても血液検査などをしっかりと行ったり、定期的に検査を受けたりすることでピルを服用してもらえる婦人科もあります。更年期症状の改善などに用いられることもありますが、年齢以外に血栓症となるリスクがほとんど見られなければ、医師と相談したうえでピルを服用できるケースもあるのです。ただし、喫煙をしている場合はリスクが倍増してしまいますし、肥満の人もリスクが倍増するので、まずは医師と相談して血栓ができるリスクがどれほどあるのか知ることが大切だと言えるでしょう。

特に40代以降に初めてピルを服用するという場合は、初期症状で血栓を引き起こしてしまう可能性があるので、そのようなリスクがあることを理解しておくことが大切です。月経困難症や更年期症状の改善などにピルを服用することを考えているのであれば、まずは婦人科を受診してピルを服用しても良いかどうかチェックしてもらうことが重要だと言えるでしょう。ネット通販などで購入することもできますが、40代以降の人は独断で服用すると血栓症のリスクがあり危険なので、必ず婦人科を受診するようにしてください。