更年期症状や骨粗しょう症の予防としてピルを服用

女性は更年期と呼ばれる閉経前後の約5年間で女性ホルモンの分泌が急激に減少することなどが原因で、のぼせや異常発汗、イライラなどの症状があらわれるようになります。これらは更年期症状と呼ばれており、日常生活に支障をきたすことで更年期障害として認定されるのですが、この症状はピルを服用することで改善することができるのです。ホルモン補充療法と呼ばれる治療法が用いられることが多く、ホルモン補充療法によって欠乏しているエストロゲンを少しだけ補うことで更年期症状の改善が期待できます。閉経前後にホットフラッシュやイライラする症状に悩んでいるのであれば、ピルを服用することでホルモン補充を行うことがおすすめです。

経口避妊薬の服用は卵巣機能不全を解決するために用いられることも多いですが、ピルによってホルモン補充療法を実施すれば、ホットフラッシュなどの症状を改善したり、骨粗しょう症を防いだりすることができます。骨粗しょう症は沈黙の病気とも言われているので骨折するまで骨密度の低下に気づかない人も多いのですが、骨折して骨密度が低くなっていることに気がついても遅いので、更年期症状があらわれるようになったときには同時に対策をとっておくことが大切だと言えるでしょう。更年期がやってくると日常生活に支障をきたしてしまうような症状があらわれるようになってしまうので、ピルの服用によるホルモン補充療法を行うことで症状が改善できるようにしてください。

なかには、ピルは卵巣機能が働いている若い世代の人だけが利用するものだと思っている人もいるかもしれませんが、これは避妊や生理前後の症状を緩和する以外にも、様々な用途で用いられる治療薬のひとつです。閉経してからピルを服用することに違和感を覚える人もいるようですが、まったくおかしいことではないので症状に悩んでいるのであれば、ピルを服用することをおすすめします。更年期に突入することで訪れる女性ホルモンの減少はピルによってエストロゲンを補うことができますので、まずは医療機関を受診して相談することがおすすめです。

骨粗しょう症や更年期症状の改善のためのピルは病院で処方してもらう以外にもネット通販で購入することができますが、初めての場合は医療機関で医師から指導を受けるようにしてください。継続して服用するときであれば、医療機関ではなく個人輸入代行サービスの通販サイトを利用して購入することも良いでしょう。