子宮内膜症の症状を緩和させるにはヤーズがおすすめ

子宮内膜症は良性の病気であるため、それ自体が危険だということはありませんが、この病気によって炎症や痛みが生じてしまうこともあり、子宮内膜症の症状に悩んでしまう女性は少なくありません。命を脅かすものではないからと治療しない人もいるのですが、生理がこなくなる閉経までずっと付き合っていかなければならない病気なので、長期にわたって苦しまないようにするためにもピルを用いて症状を緩和することがおすすめです。超低用量ピルであるヤーズを利用すれば子宮内膜症の症状を改善することができますので、悩んでいる人は利用してみると良いでしょう。

ヤーズはエストロゲンと黄体ホルモンが含まれたEP配合剤と呼ばれるものであり、国内で初めて連続服用ができるようになったLEP製剤と呼ばれる治療薬です。エストロゲンなどの含有量が多すぎると副作用が起きやすくなってしまいますが、超低用量ピルであるLEP製剤を用いることによって、連続使用しても副作用が起こりづらくなっているので安心だと言えます。ヤーズを服用すると排卵を抑えることで子宮内膜が厚くならないようにし、痛みの原因となる物質ができることを抑制するので、子宮内膜症の痛みを和らげてくれる効果を期待することができるのです。

連続服用ができなかった頃は、28日周期で服用しなければならず、28日に1回は休薬期間を設ける必要があったので、その際に月経のような出血が起こってしまうこともありました。ですが、連続服用が可能な治療薬が開発されてからは、最長120日間も連続して服用することができるので、服用中に起こる出血に合わせて休薬期間を設けることができるので、28日周期で服用しなければならないときよりも出血頻度が少なくて済むようになっています。出血による大変な思いをすることも減るので、超低用量ピルであるヤーズのLEP製剤を服用することがおすすめです。

ヤーズを服用すれば排卵が抑制されるので、本来であればそれに伴って起こる子宮内膜症の痛みを緩和することができます。生理のときだけ我慢すれば良いからと治療しない人もいるかもしれませんが、閉経までの間ずっと子宮内膜症の痛みと付き合っていくことは大変です。子宮内膜症の痛みによって仕事や勉強に集中できないことも少なくありませんので、日常生活に支障が出ないようにするためにも、子宮内膜症の痛みを感じている人はヤーズを服用することで症状を改善することがおすすめだと言えるでしょう。