もしも避妊に失敗した時は直ぐにアフターピルを飲む

コンドームだけの使用で避妊を行っているカップルは少なくありませんが、コンドームが破れてしまったり、途中で外れてしまったりすることによって、避妊に失敗してしまうときもあります。基礎体温などを記録している人は、妊娠しづらい日だから平気だろうなどと思ってしまうことがあるかもしれませんが、絶対に予期しない妊娠が起こらないとは言い切れませんので、アフターピルによって対処することが大切だと言えます。性交後72時間以内に緊急避妊薬を服用することで、排卵の抑制や受精と着床の阻止が期待でき、早く飲むことができれば避妊確率を高めることができるのです。

アフターピルの服用方法にはヤッペ法と呼ばれるものが主流であり、これは性行為の72時間以内に2錠服用し、その12時間後に2錠服用するというものであり、病院でかかる費用は約5,000円ほどだと言われています。最近ではヤッペ法以外の方法も用いられるようになっていますが、ヤッペ法よりも費用が3倍近くかかってしまうので、ヤッペ法が選択されることが多いです。避妊確率を高めるための服用方法を知らないという人は不安に感じるかもしれませんが、医療機関で処方してもらうときに飲むタイミングなどを教えてもらうことができるので安心して良いでしょう。

アフターピルにはレボノルゲストレルやアイピルと呼ばれるものがあり、これらは緊急避妊薬として高い効果を発揮してくれるので、避妊に失敗してしまったときは利用を検討してみることがおすすめです。避妊に失敗してしまったとき、アフターピルによって避妊確率を高めるのであればなるべく早くレボノルゲストレルやアイピルを服用することが大切ですが、常備していなければすぐに服用することができません。緊急避妊薬を処方してもらわなければならない事態になったとしても、産婦人科の診察時間外であったり休みの日であったりするとすぐに服用することができないのです。レボノルゲストレルやアイピルは通販でも購入することができるので、いざというときのために通販購入して常備しておくこともおすすめだと言えます。

ピルはホルモンバランスを整えてくれる効果がありますが、ホルモンバランスを整えるだけではなく、排卵抑制などの効果もあるので避妊にも役立つのです。想定外のトラブルが起こったときは、アフターピルを服用して排卵抑制や着床の阻止が行えるようにしておくことが大切だと言えます。避妊に失敗してしまうと焦ってしまうものですが、慌てずに72時間以内に緊急避妊薬を服用できるようにしておきましょう。